経営理念

仲間基準 4つの運営方針 アドバンスする

経営理念

アドバンスする(前進・進歩・成長・進化)

  • アドバンスするとは、前進・進歩・成長・進化する事で、世の中に貢献し、存続して行く事です。
  • アドバンスが世の中に元気な若者・元気な大人を輩出する後押しをする事で、世の中に貢献します。

21世紀の良い仲間カンパニーとは

  • 21世紀の良い会社とは、規模・体質・ノウハウなどが蓄積され、地域から信頼される強い企業だと考えています。
  • 仲間カンパニーとは、お客様・スタッフ・会社が、深く相互理解し合った納得性の高い集団であると考えています。

仲間カンパニー運営方針

21世紀の良い仲間カンパニーを目指す為に下記4つの項目を遵守していきます。

4つの運営方針

  1. 規則・ルールは最小限とすること
    常に現状に合った規則・ルールであり、最低限のもので動く企業を目指します。
  2. シンプル・フラットであること
    目的・方向性に1番適したシンプルな組織。
    情報が縦・横・斜め、時にはジャンプするようなフラットな組織運営を目指します。
  3. 公正・公平であること
    同じように評価する平等ではなく、成果に対して公正・公平な評価を実行します。
  4. 役割中心であること
    役職=職位ではなく、それぞれの仕事や仕事の幅や深さに応じて役割があると考えます。常に自分の役割は何かを考え中心に置き取組む体制を目指します。

仲間基準

3つの思考・7つの行動を理解・納得している人が仲間。
こんな仲間と一緒にアドバンス(前進・進歩・成長・進化)していきたいと考えます。

おいしくたべるとは

「おいしいもの」をたべるのではなく「おいしくたべる」。
つまらないものや、やりたくないものであっても、自ら工夫することで今の環境をおいしくたべ、素晴らしい人生を歩んで欲しい。

おいしくたべる3つの思考

  1. 参加・参画すること
    意見・要望・苦情・建設的であればどんどん意見を言って欲しいと思います。
    それが参加・参画であり、アドバンスです。
  2. 感謝の気持ちを持つこと
    常に感謝の気持ちを持ち、そして言葉に表せる人達の集団であって欲しいと思います。
  3. 主体性を持つこと
    目標を持ち、努力をして、何かを達成したい人であって欲しいと思います。

おいしくたべる7つの行動

  1. うそ・ごまかしをしないこと
    信頼関係の始まりは、うそをつかない、ごまかさないことであると思います。
  2. 報告・連絡・相談は必ずすること、悪いことは特に早く
    報告・連絡・相談とは組織としての生命線であると思います。
  3. 縁を大切にすること
    ベストパフォーマンスを出すために縁を大切にしていきたい思います。
  4. トップとの判断基準の共有につとめること
    トップの顔色を窺うのではなく、見ている方向を理解して欲しいと思います。
  5. 理解・納得して取り組むこと
    仕事をなぜするのかを理解し、心と行動が同調できる納得のレベルで仕事をして欲しいと思います。
  6. 結果を活かすこと
    失敗を恐れず、常にチャレンジャー精神・パイオニア精神を持ったスタッフであって欲しいと思います。
  7. 変化への対応を優先すること
    環境の変化に目を凝らし、真の意味を捉えながら、常に今のベストを模索し、変化に対応して欲しいと思います。